新商品・新サービス」カテゴリーアーカイブ

【マクド】日本初上陸!「ビッグマック ジュニア(290円)」新登場 「グランドビッグマック(490円)」や「ギガビッグマック(700円)」再登場

【マクド】日本初上陸!「ビッグマック ジュニア(290円)」新登場 「グランドビッグマック(490円)」や「ギガビッグマック(700円)」再登場

【マクド】日本初上陸!「ビッグマック ジュニア(290円)」新登場 「グランドビッグマック(490円)」や「ギガビッグマック(700円)」再登場

【マクド】日本初上陸!「ビッグマック ジュニア(290円)」新登場 「グランドビッグマック(490円)」や「ギガビッグマック(700円)」再登場

1: ばーど ★ 2019/04/11(木) 17:08:40.62 ID:9jM83RTH9
日本マクドナルド株式会社では、世界中の多くのお客様から愛され、日本でも1971年の銀座一号店オープン時以来伝統の味を守り続けてきた「ビッグマック」に、日本初となる「ビッグマック ジュニア」が新登場します。さらに、同日から、人気の「グランドビッグマック」と「ギガ ビッグマック」(数量限定)も登場し、4月17日(水)から期間限定販売します。

「ビッグマック」は、1968年にアメリカでメニューに加わり、世代を繋いで多くのお客様に愛されてきたマクドナルドの看板商品で、こだわりの100%ビーフパティや秘伝のビッグマックソース、特製のごま付き三段バンズなど7つの具材の絶妙な味わいとボリュームが魅力です。ビッグマックシリーズの4品が揃い、どんなライフステージでも、どんなライフスタイルでも、あなたに合う「ビッグマック」が提供されます。

今回日本で初めての登場となる「ビッグマック ジュニア」は、海外で販売され好評の商品で、「ビッグマック」のおいしさ・味わいをそのままに、女の方や、小腹がすいたとき、スナックタイムも手頃に楽しめるジュニアサイズのビッグマックです。また、食べ応え・満足感のある「グランド ビッグマック」が同時に登場するほか、達成感に溢れる日本オリジナル商品「ギガ ビッグマック」(数量限定)も再登場します。いずれも2016年の初登場以来3回目の登場となる人気商品です。

TVCMには、「ビッグマック」ならではの心を躍らせる楽しさを伝える新CMに“小さく”登場する「ビッグなエキストラ」として募集し、オーディションに合格した新広(しんひろ)さんが新広(しんひろ)ビグ子さんとして登場します。さらに、CMメイキングムービーや渋谷109でも“ビッグな”広告によって“小さいビッグ”を告知するほか、「ビッグなエキストラ#新広(しんひろ)ビグ子を探せ」や「みんなの #ビッグ対談 大募集!」のTwitterキャンペーンの展開など、各種“ビッグな”楽しい施策を用意しているので、あわせて楽しめます。

マクドナルドは、変わりゆく社会やお客様のニーズに合わせて進化し続けていくとし、お客様の声を伺いながら、昨日より今日、今日より明日と向上し続け、“a better McDonald’s”となることを目指していくとしています。

ビッグマック ジュニア
https://i0.wp.com/www.gourmetbiz.net/wp-content/uploads/2019/04/201904111022095cae96c14bce2.jpg
通常のビッグマック
https://i0.wp.com/www.gourmetbiz.net/wp-content/uploads/2019/04/201904111022025cae96ba18f01.jpg
グランドビッグマック
https://i1.wp.com/www.gourmetbiz.net/wp-content/uploads/2019/04/201904111022155cae96c76fb52.jpg
ギガ ビッグマック
https://i0.wp.com/www.gourmetbiz.net/wp-content/uploads/2019/04/201904111022215cae96cd9212d.jpg

2019/04/11 16:28
https://www.gourmetbiz.net/66579/
https://i1.wp.com/www.gourmetbiz.net/wp-content/uploads/2019/04/201904111021525cae96b07a657.jpg

引用元: ・【マクド】日本初上陸!「ビッグマック ジュニア(290円)」新登場 「グランドビッグマック(490円)」や「ギガビッグマック(700円)」再登場

続きを読む

【外食】待ってました! KFCの大好評「500円ランチメニュー」が復活するよ~ 4月10日から5月14日までの期間毎日10時から16時まで

【外食】待ってました! KFCの大好評「500円ランチメニュー」が復活するよ~ 4月10日から5月14日までの期間毎日10時から16時まで

【外食】待ってました! KFCの大好評「500円ランチメニュー」が復活するよ~ 4月10日から5月14日までの期間毎日10時から16時まで

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/09(火) 17:45:55.02 ID:oWYxFXZ69
https://cdn.bg-mania.jp/images/2019/04/tbm_20190409123305.jpg

ケンタッキーフライドチキン各店では2019年4月10日から5月14日までの期間、「Sランチ」(500円ランチメニュー)が販売されます。

通常は920円の内容

新生活の始まる時季に合わせ4月10日から、毎回好評の「500円ランチメニュー」の提供がスタートします。

セット内容は、定番の「オリジナルチキン」1ピース、ホクッとした食べごたえと表面のカリッとした食感の2つが楽しめる「カーネリングポテト」(S)1個、外はサクサク、中はふんわりとした食感の、
特製ハニーメイプルをかけて味わう人気サイドメニュー「ビスケット」1個、「ドリンク」(S)1個です。

通常、オリジナルチキン1ピースとカーネリングポテトSは各250円、ビスケットは220円、ドリンクS(コールドドリンクの場合)は200円なので、それぞれ単品で購入すると合計920円の内容。

それが税込500円で楽しめるというのは、お得感がありますよね。

販売時間は毎日10時から16時まで。オフィスランチ用途としても、遊びに出かけた際のランチとしても重宝するので、ぜひ(一部販売しない店舗、メニューが異なる店舗があるのでご注意)。

https://bg-mania.jp/2019/04/09286904.html
2019/4/ 9

引用元: ・【外食】待ってました! KFCの大好評「500円ランチメニュー」が復活するよ~ 4月10日から5月14日までの期間毎日10時から16時まで

続きを読む

【車】ボタン1つであおり運転を通報!緊急時SOSボタン付きの軽、日産「新型デイズ」発売 お値段127万~177万円

1: ばーど ★ 2019/03/28(木) 20:31:01.41 ID:EVFHuViJ9
日産自動車は3月28日、緊急時自動通報システム「SOSコール」を軽自動車に初搭載した新型「デイズ」を発表。全国で販売を開始しました。

デイズは三菱自動車と共同開発で2013年に登場した軽トールワゴン車種。シャシー設計を共通とする兄弟車に「eK」シリーズがあります。6年ぶりのフルモデルチェンジとなる今回の2代目は、軽トールワゴンとしての室内空間や経済とともに、「軽自動車初搭載」となる2つの安心機能を新たに盛り込みました。

1つ目は緊急通報システム「SOSコール(ヘルプネット)」。通事故や急病などの緊急時、あるいは「あおり運転をされている」など事故の危険があるときに、専門のオペレーターに車内から通報できる通信機能が備わります。事故が発生したら自動的に通報、または車内上部に備えた専用ボタンで手動通報ができます。通報後、オペレーターが車両から得られたGPSなどの情報をもとに状況を把握し、消防や警察への連絡、緊急車両の手配などを行ってくれます。

2つ目は渋滞走行や長時間の巡行走行の負担を低減する安全運転走行支援機能「プロロット」モデルの追加。アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作を車間距離や車線などの道路状況を読み取って制御することで安全な運行を支援します。日産はプロロットの技術を活用し、旅館のスリッパや座布団が自動的にあるべき位置に戻る(関連記事)、会議室のいすが自動整列する「INTELLIGENT PARKING CHAIR」(関連記事)、座っていれば自動で行列が進む超便利な待ち合い席「プロロットチェア」(関連記事)なども開発しています。

デザインも幅広い利用シーンや需要に合わせて、スポーティーモデル「ハイウェイスター」とスタンダードモデル、子会社オーテックによるカスタムデザイン版「ボレロ」と3パターンを用意します。ハイウェイスターは近年増えている「ちょっとワイルドな厳つめフェイス」がポイント。マルチレフタイプLEDを2段配列した“つり目”なヘッドランプやクリスタルカット+3Dメッシュグリルを採用します。

カラーバリエーションはツートン4種類、単色13種類の全17種類。燃費能はWTLCモードでリッター21.2キロ。価格は最低廉グレードの「S」で127万3320円(税込、以下同)から。最上位のハイウェイスターG ターボ プロロットエディション(4WD)で177万8760円です。

新型「デイズ」ハイウェイスターX プロロットエディション(ホワイトパール(3P)/プレミアムサンシャインオレンジ(M)2トーン)(
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/28/si_nissan-days-001_w490.jpg

緊急通報ボタン「SOSコール」を搭載
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/28/si_nissan-days-002_w390.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/28/si_nissan-days-002b_w390.jpg

【動画】【新型デイズ】緊急通報装置「SOSコール」採用!
https://www.youtube.com/watch?v=R0VypjRzS_8

2019年03月28日 18時00分
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/28/news126.html

引用元: ・【車】ボタン1つであおり運転を通報!緊急時SOSボタン付きの軽、日産「新型デイズ」発売 お値段127万~177万円

続きを読む

【ダネイホン】日清が「完全栄養食のカップ麺」を発売 1食600円

1: サーバル ★ 2019/03/27(水) 14:32:45.90 ID:opdHA0Sv9
日清、完全栄養食「All-in」シリーズ始動 パスタ1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂れる
麺とソースがセットのカップタイプで1食600円。3月27日に発売。
[沓澤真二,ねとらぼ]

 日清食品が完全栄養食「All-in」シリーズを発表しました。第1弾として、1日に必要な栄養素の3分の1を配合した「All-in PASTA」を、3月27日に公式オンラインストアと通販サイト「LOHACO」で発売します。価格は麺とソースがセットになったカップタイプが1食600円。麺(1食400円)とソース(2食入り500円)の単品販売もあります(全て税別)。

All-in PASTAタップで拡大

All-in PASTAタップで拡大
ソースはボロネーゼ、ジェノベーゼ、アラビアータの3種類

 新開発の麺1食分に、13種類のビタミンと13種類のミネラル、食物繊維を配合。一般的な乾麺と比較して糖質が30%カットされており、タンパク質も24グラム摂取できます。別添えの「ほぐしオイル」で、味のアレンジも楽しめるとのこと。

All-in PASTAタップで拡大
ゆでると失われやすい栄養素を中心に閉じ込めている

 ソースは「粗挽き牛肉のコクと旨みの濃厚ボロネーゼ」「国産バジルを贅沢に使った香りとコクのジェノベーゼ」「完熟トマトに唐辛子をきかせたスシーアラビアータ」の3種類。3月27日から31日までは、阪急うめだ本店B1のツリーテラスにて試食販売が実施されます。

All-in PASTAタップで拡大
阪急うめだ本店(大阪市)は、1958年のチキンラーメン発売当時、初めて試食販売が行われた場所なのだそうです
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1903/26/news115.html

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/26/kutsu_190326allinpasta01.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/26/kutsu_190326allinpasta02.jpg
https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/26/kutsu_190326allinpasta03.jpg

引用元: ・【ダネイホン】日清が「完全栄養食のカップ麺」を発売 1食600円

続きを読む

【アップル】新型「iPad mini」受注開始 来週には店頭に お値段4万5800円から

1: ばーど ★ 2019/03/19(火) 13:22:16.81 ID:WReu2SKu9
【ニューヨーク=平野麻理子、シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルは18日、小型タブレット型端末「iPad mini」の新機種を発表した。画面サイズは旧型と同じ7.9インチだが、手書きペンに新たに対応した。画像や動画の処理能力が高い「iPhone XS」などと同じチップを搭載しており、アップルが近く始めるとされる動画配信サービスの利用にも適した機能をそろえた。

価格はWi―Fiモデルで399ドル(日本では4万5800円)から。18日から注文を受け付け、来週には店頭にも並ぶ見通しだ。「mini」の新型発表は2015年秋以来となる。

画面サイズが10.5インチの「iPad Air」の発売も同時に発表した。本体の厚みは約6ミリで「超薄型」をうたう。新型の「mini」と同じチップを搭載し、AR(拡張現実)ゲームや高画質の動画も楽しめる仕様とした。

新型「Air」の価格はWi―Fiモデルで499ドル(5万4800円)から。最高機種の「iPad Pro」の799ドル(8万9800円)と比べると手ごろ感がある。

アップルは今後、サービス事業による収益拡大に力を入れる方針を明確にしている。ただ25日に発表予定の動画配信サービスでは、すでに米ネットフリックスや米アマゾン・ドット・コムなどが先行しており、アップルは業界内でも後発だ。思惑どおりにサービスの契約者を伸ばせるかどうかは、アップルの端末の利用者数に左右される。

アップルは1月末、iPhoneの稼働台数が世界で9億台、iPadなどを含めた全製品では14億台に達したと説明した。ただ、スマートフォン市場の停滞や、価格の高さからiPhoneの販売の伸び悩みは鮮明。既存のチップや部品を流用しながら日本などで人気があった安価な「mini」を約3年半ぶりに更新することで、サービス事業の基盤となる稼働台数の底上げにつなげる考えだ。

https://www.nikkei.com/content/pic/20190319/96958A9F889DE6E0E4E1E7E1EAE2E3EBE2E1E0E2E3EBE2E2E2E2E2E2-DSXMZO4263536019032019000001-PN1-3.jpg

2019/3/19 2:09 (2019/3/19 4:53更新)
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42635380Z10C19A3000000/

関連スレ
【速報】新型iPad mini Pencil対応
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552913354/
【速報】iPad Air (10.5インチ)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552913530/

引用元: ・【アップル】新型「iPad mini」受注開始 来週には店頭に お値段4万5800円から

続きを読む

任天堂、自社スマートフォン発売を検討中?「Nintendo Switchと統合できる」

1: ガーディス ★ 2019/03/19(火) 19:06:11.24 ID:7JiGMmRe9
ここ最近はRazerやXiaomi、ASUSなどゲーミングスマートフォン市場への参入が相次いでいますが、その中で任天堂も自社スマートフォンの発売を検討しているとの噂が報じられています。

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesの情報筋によれば、任天堂はXiaomiやVivo、Nubiaと並んで「ゲーミングスマホ市場でのプレゼンスを強化するか、参入を計画している」とのこと。さらには「自社のNintendo Switchと統合できるゲーム用スマートフォンの発売を検討している」という憶測があると報じています。

新たな報道をしたDigiTimesは、台湾の電子部品業界との繋がりが深く、アップルのサプライヤー事情については一定の信ぴょうがあるメディア。先日も現地のPCBメーカーが「次世代iPadデバイス」の大量生産に向けて準備中と報じた数日後に、実際に新型iPad miniやiPad Airが発表されたばかりです。

任天堂まわりの報道に関しても、スイッチ発売前にVR機能を予測していた実績があり、今回もある程度の根拠ある情報と思われます。

DigiTimes記事ではそれ以上の詳細は伝えられていませんが、任天堂の携帯ゲーム機3DSの市場は前年同期比64.5%減という衰退の一途にあり、このカテゴリを埋める新商品を投入する可能はゼロではないでしょう。

とはいえ、今さら独自OSを開発するのは現実的ではなく、3DSなどゲーム専用の入力デバイスを備えたものをタッチパネル主体のスマホ形態に落とし込んでも遊びにくくなるだけ。すでに同社がゲームアプリを提供しているAndroid OSを、自社スマホに採用するのが最もあり得る選択肢でしょう。

さらにスイッチとゲーム市場での競合を避けるためには、DigiTimesのいう「統合できる」かたち、具体的にはスイッチとゲームデータを同期させてリンクする形に留まりそうです。現時点でも『ポケモン GO』と『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』をペアリングしてポケモンを連れ出すことができますが、こうした遊びの発展形となるかもしれません。

スマートフォン情報サイトPhoneArenaは、任天堂の主力製品であるスイッチと競合しない程度の(能に抑えた)ミッドレンジ機器を予測し、それを低価格で提供できれば他社がハイエンド能を競い合うゲーミングスマホ戦争に巻き込まれないだろうとコメントしています。

もっとも、これ以前に任天堂は「スマホをゲームボーイにするケース」の特許を出願しています。なんらかのポケモン関連スマホアプリをリリース、それと合わせてポケモン風のスマホケースも発売といった、無難な結末もありえそうです。

https://japanese.engadget.com/2019/03/18/nintendo-switch/

引用元: ・任天堂、自社スマートフォン発売を検討中?「Nintendo Switchと統合できる」

続きを読む